堺市・弟殺害容疑の姉に深まる疑惑 自殺偽装に加え両親にも一服?

 大阪府堺市で3月、練炭自殺を装って弟を殺害したとして、殺人の疑いで建設会社役員・足立朱美容疑者(44)が20日に逮捕された事件で、弟の遺書を足立容疑者が偽造したとみられることが21日、捜査関係者への取材で分かった。府警捜査1課は、殺害発覚を防ぐために作成したとみて調べる。

 足立容疑者の逮捕容疑は3月27日、堺市中区にある会社の事務所の2階の実家住宅で、弟の聖光さん(40=当時)に睡眠薬を飲ませ、トイレ内で練炭を燃やして一酸化炭素中毒死させた疑い。調べに容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、足立容疑者は事件当日、聖光さんの妻に「取りあえず来て」と連絡し、現場の住宅に着いた際に遺書を手渡した。

 その後に妻が住宅内の異臭に気付き、2階のトイレで聖光さんが倒れているのを見つけた。トイレには燃えた練炭があり、ドアのすき間は接着剤でふさがれていた。

 現場は1階が足立容疑者の父親(67)が経営する会社の事務所で、2階が実家住宅。事件時、母親(67)も意識もうろう状態で倒れており「朱美が作った抹茶オレを飲んだ後に意識をなくした」と説明したという。

「遺体から、足立容疑者が処方された睡眠薬と同じ成分が検出されたことが逮捕の決め手。母親にも睡眠薬を飲ませたのは犯行を見られたくなかったからではないか」(別の捜査関係者)

 遺書には聖光さんが知り得ない内容が書かれていたり、言葉遣いが普段と違ったりするなど不審な点があった。足立容疑者の父親も1月、同じ場所で同容疑者と一緒に飲酒後、意識不明となり、病院に搬送されて脳死状態となった。

「弟の遺書のような、パソコンで作った文書には『父親が意識不明になったのは自分がインスリンを投与したため』などの記述があったが、偽装の可能性がある。弟の妻は『(父親の異変について)夫は姉を疑っていた』と話しており、姉弟は会社の借金をめぐってモメていたという情報もある」(同)

 父母弟に手をかけていたとしたらとんでもない“鬼娘”だ。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。