【宝塚記念】波乱の使者はストロングタイタン 非凡なスピード持続力が混戦を断つ

【宝塚記念】波乱の使者はストロングタイタン 非凡なスピード持続力が混戦を断つ
落ち着き十分のストロングタイタン

宝塚記念(日曜=24日、阪神芝内2200メートル)新バージョンアップ作戦】日曜阪神メインはJRA上半期を締めくくるサマーグランプリ・第59回宝塚記念。ファン投票上位馬が近走不発や帰国初戦で何とも悩ましいが、新VU作戦の明石尚典記者はいつもと変わらない冷静なデータ分析から◎ストロングタイタンで勝負。開催最終週でも高速決着必至なら、この馬の非凡なスピード持続力が混戦を断つ――。

 先週の日曜メイン・米子Sはマイル1分31秒9のタイレコードで決着。そのレコードだった前年の米子S(勝ち馬ブラックムーン)で0秒6差8着完敗のベステンダンクが、マイペースで刻んだこのV時計に現在の阪神の馬場レベルがくっきりと映し出されている。

 最終週を迎えて、なお高速馬場は健在。週央からの梅雨空は気になるものの、当日極端な土砂降りにでも見舞われない限りはそれなりに速い時計で決着する可能性が高い。となれば、優先すべきは瞬発力よりも高速馬場向きのスピード持続力。このスタンスで夏のグランプリ攻略の糸口を探っていく。

 スピード持続力ならトップクラス相手でもヒケを取らないのがストロングタイタン。キャリア16戦で最速上がりマークわずかに3度のジリ脚である半面、中京&阪神10ハロンのレコードホルダー。高速決着には無類の強さを誇る。中京の10ハロンレコード(1分58秒3)を叩き出した昨夏のマレーシアCは、3ハロン目以降の2ハロンごとの分割レースラップが24秒4→23秒1→23秒1→23秒6。ラスト6ハロンすべて11秒台の後半型一貫ラップを好位追走から先頭で駆け抜けている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年6月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュース

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊花賞」のニュース

次に読みたい関連記事「菊花賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秋華賞」のニュース

次に読みたい関連記事「秋華賞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら