また最下位転落の中日「米国人投手獲れ」の声

また最下位転落の中日「米国人投手獲れ」の声
再び最下位に転落した森監督
       

 中日が26日のヤクルト戦(神宮)に1―9の完敗で4日ぶりに最下位へ転落した。期待の左腕・小笠原慎之介(20)が3ラン2発を浴びるなど6回7失点の大乱調で6敗目(2勝)。森監督は「寂しいね」とため息だった。試合終了直後には酔ったファンの罵声に波留打撃コーチが激怒。ネット越しに怒鳴り合いとなるなど不穏な空気も流れた。

 それでもセ・リーグは空前のだんごレース。最下位の中日は2位の巨人とわずかに1・5ゲーム差しかない。そんな状況に中日OBからは「交流戦明けにまだチャンスがあるなんて久々のこと。2位になるためにも早く戦力補強をするべきだ」との声が出ている。

 狙いは米国の投手だ。「日本人なんていらない。外国人投手を獲るべきだ。今年は米国にいい投手がいっぱい余っている。早くしないと獲れなくなるよ。年俸なんて3000万円程度で十分獲れる。それだったらやってくれたら儲けもの。1か月だけ働いてくれたって十分だ」と中日大物OBは声を大にする。

 中日の一軍外国人は現状では野手がビシエド、アルモンテ、モヤの3人。投手がガルシアの1人。外国人投手を獲るとなれば順当ならばモヤが外れることになるが「投手を2人獲ってなんならビシエドを外したっていい。そうやって尻を叩くことも大事だ」ともいう。

 首位の広島が新外国人のヘルウェグ投手と契約しただけに「中日は何をやっているんだ!」との思いも強い。6年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出へ向けて新外国人投手の獲得はあるか。注目だ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月27日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。