“ナックル姫”吉田えりを直撃「結婚してもママさんナックルボーラーとして野球続けます!」

“ナックル姫”吉田えりを直撃「結婚してもママさんナックルボーラーとして野球続けます!」
ナックルの握りを披露する吉田えり

 かつて「ナックル姫」として注目された吉田えり(26)が、今年4月から栃木県内の女子硬式野球チーム「エイジェック」の監督兼選手として奮闘している。吉田といえば、予測不能な変化を見せる魔球「ナックルボール」を武器に2009年から日米で活躍。米独立リーグでは女子選手として史上2人目となる勝利投手にも輝いた。日米7球団を渡り歩き、今なお現役投手としてプレーする彼女は今、どんな思いで野球に取り組んでいるのか。心境を聞いた。

 ――今年4月に女子硬式野球チーム「エイジェック」の選手兼監督に就任した。経緯は

 吉田:昨シーズンは栃木ゴールデンブレーブスでプレーしていましたが、5月に右鎖骨の後ろの第1肋骨を骨折した影響もあり、自由契約になりました。その後、栃木の運営母体であるエイジェックが女子硬式野球チームをつくる話を聞きまして。古後昌彦会長や山本優司GMからお誘いを頂き、最初は選手兼マネジャーで入り、4月からは監督兼任になりました。

 ――ケガの具合は

 吉田:手術という選択肢もありましたが、自然治癒を選んだので昨年末までは絶対安静で投げられませんでした。まだ、完全に骨は接合していませんが、今は試合でも投げ始めています。

 ――そもそもナックルは男子と対等に戦うために習得した

 吉田:そうです。中学3年で部活動が終わり、男子との体力差も感じる中、今後野球を続けるにはどうすればいいかと考えていました。そんな時、レッドソックスで活躍されていたウェイクフィールド投手のナックルボールに出合いまして。「このボールが投げられれば、私も男子に負けずに野球ができる」と思いました。それが原点です。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月30日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。