日テレ・ラルフ鈴木“アナ職剥奪”も 終わってなかった「未成年飲酒」同席問題

 W杯ロシア大会で西野ジャパンが決勝トーナメント進出を決め、日本中が歓喜する中、素直に喜べないのが、日本テレビラルフ鈴木アナ(44)だ。現在、ロシアから連日、日本代表の模様をリポートしているが、W杯終了後は冷遇が待っている。理由は、同局W杯放送のメインキャスターでもある「NEWS」手越祐也(30)の未成年女性との飲酒疑惑の場に同席していた問題が、“凍結中”だから。このままいけば、早くて年内にもアナウンス部から異動させられるという衝撃情報が浮上した。

 週刊文春が報じた問題の酒席は、昨年12月の深夜に東京・六本木の雑居ビルにある会員制ダーツバーが会場だった。同誌はその場に、当時17歳と19歳の未成年女性タレントがいたこと、同じ店であった同様の飲み会に今年4月、手越とともに鈴木アナがいたことなどを報じていた。

 鈴木アナは5年前に手越が未成年タレントと別の店で飲酒したときにも同席していた。それほど2人は仲のよい飲み仲間として知られている。

「普段から手越は、ラルフを“ラル”と呼んで慕っていて、プライベートでも付き合う飲み仲間でもあるんです」(関係者)

 この報道の直後、手越と鈴木アナが揃ってW杯番組を降板する可能性も指摘されたが、さすがに開幕直前とあって回避された。ジャニーズ側も手越を処分せず、2人の出演が続いている。だが、まったくの無風ではなかった。

「スポンサーから猛クレームが日テレに殺到したんです。サッカーは多くの未成年がテレビ観戦しているからです。一時はサブキャスターを務める明石家さんまにすべてを背負ってもらい、手越の降板も検討された」(芸能プロ関係者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ラルフ鈴木のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ラルフ鈴木」に関する記事

「ラルフ鈴木」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ラルフ鈴木」の記事

次に読みたい「ラルフ鈴木」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク