阪神 糸井離脱で41歳福留もピンチ

阪神 糸井離脱で41歳福留もピンチ
福留への負担は増すばかり

 2位に浮上した阪神に“超人不在”の余波が迫っている。4番を務める糸井嘉男外野手(36)は30日ヤクルト戦(神宮)で右足に死球を受け1日は欠場。金本監督が「骨折の疑いありやから…。だから検査している」と言うように重症の可能性があり、3日にも選手登録を抹消される見込みとなった。

 チームの非常事態とあって新助っ人・ナバーロが「自分もできるだけ貢献できるように頑張りたい」と腕をぶすなどチーム一丸で乗り切るつもり。ただ、超人不在の影響がもろに直撃しそうなのが福留孝介外野手(41)だ。チーム関係者は「打線の柱を担っていた糸井がいなくなればかなりの痛手。その分、福留さんへの負担が増してしまう。せっかく打線の状態がよくなってきて休養日が増えるかと思ったのに…。無理をして共倒れになることだけは避けないと…」と頭を悩ませる。

 開幕前、福留には週休2日プランも検討されていたものの、ふたを開けてみれば球団史上最高額の年俸3億4000万円で獲得したロサリオや鳥谷など高額選手の不振に加えて若手の伸び悩みなどで貧打に陥り、福留は出ずっぱり状態に…。ここ数戦は苦労人・陽川の爆発などで打線が復調し休養日増加が見込まれていたが、その矢先の糸井離脱とあってチーム内からはパンクを懸念する声が噴出している。

 実際、6度目の休養を与えられた1日のヤクルト戦も「どれだけ孝介に急きょ行ってもらおうかと思ったか…」(金本監督)とスクランブル出場が検討されるなど、早くも影響が出始めている。先日、広島・新井が、甲子園で阪神戦を戦った際に川藤OB会長に「孝介は大丈夫なんですか?」と問い掛けるなど、他球団選手も福留の負担を心配するほど。

 最年長ながら勝負強さはチーム随一とあって外しにくい状況だが、果たして…。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年7月3日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら