中日、オリックスで活躍 長峰昌司さんが奮闘中の二刀流とは

中日、オリックスで活躍 長峰昌司さんが奮闘中の二刀流とは
福祉施設で働く長峰さん

【異業種で輝く元プロ野球選手】野球に携わりながら「福祉」の道も歩む。そんな異色の人生を送る元プロ野球選手がいる。長峰昌司さん(33)。茨城県内の障害者施設で働きながら独立リーグの地元球団創設に尽力している。

 水戸商から2002年ドラフト5位で中日入り。プロ2年目から先発、中継ぎ左腕として活躍したものの、11年には戦力外通告。その後移籍したオリックスでも力を出せず12年に現役引退。13年からは元楽天監督の大久保博元氏が運営する野球塾で小中学生の指導にあたっていた。

 転機が訪れたのは15年夏。茨城県内を中心に福祉サービスなどを展開する「株式会社アドバンフォース」代表・山根将大氏との出会いだった。同氏からBCリーグの地元球団立ち上げ計画を聞き、刺激を受けた。

「初めに話を聞いた時は、何となく漠然とした感じで。でも翌年の夏ごろでしょうか。山根さんが本格的に球団の立ち上げを行うと聞いて自分も力になりたいと。そこで野球塾での指導を辞め、活動に携わろうと決めました」

 もっとも、球団設立には時間を要する。その間、自らの生計を立てる必要もある。「球団設立準備と並行して何か新しいことに挑戦できないか」。脳裏に浮かんだのが福祉の仕事だった。

「山根さんの会社が障害者の就労支援施設を運営していることもあり、施設を一度見学しに行きました。当初、障害者の就労支援というと、暗いイメージを持っていましたが、実際はまったく違って。みんな明るく元気に仕事をしていた。その姿を見たら、自分が野球を通して経験してきたことを伝えられるかもしれないと思いました。幸い、私の母親も介護の仕事をしていたので、福祉への抵抗はなかった。『やる』と決めてからは迷いはありませんでしたね」


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年7月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。