【七夕賞】マイネルフロスト スピード持続力で「1番人気&トップハンデ馬不振」の雑音封じだ!

【七夕賞】マイネルフロスト スピード持続力で「1番人気&トップハンデ馬不振」の雑音封じだ!
水分補給もバッチリのマイネルフロスト

【七夕賞(日曜=8日、福島芝2000メートル)新バージョンアップ作戦】日曜福島メインはサマー2000シリーズ開幕戦のGIII七夕賞。かつては1番人気が26連敗し、トップハンデ馬は過去10年で〈0・2・2・11〉と勝ち切れない波乱の夏の名物重賞だが“雑音”にとらわれない新VU作戦の明石尚典記者は◎マイネルフロストで勝負。この距離でのスピード持続力に注目した。

 先週のラジオNIKKEI賞のVタイムが9ハロン=1分46秒1。過去10年でナンバー2の好記録から馬場レベルは例年並みかそれ以上に良好な状態。良馬場なら今年も1分58秒台前半の高速決着が濃厚だ。

 ラジオNIKKEI賞からもう一つ示唆に富んだデータがある。4ハロン通過46秒3→ラスト2ハロン11秒6→11秒6のレースラップ。前半のペースは決して楽とは言えないが、最後までラップが落ちない。今の馬場レベルでは後方一気の決まる可能性は極めて低いという考え方がベターだろう。

 狙うべきはスピード持続力に優れた先行馬。そのイメージにドンピシャなのが昨年2着のマイネルフロストだ。

 厳寒期の中山金杯を除く昨年の10ハロン戦では軒並み2分を切る走破タイム。自身のラスト7ハロンラップは新潟大賞典から順に1分22秒9→1分22秒4→1分23秒1→1分22秒0。もれなく1分22秒台から1分23秒台前半を叩き出せているのは、上質のスピード持続力があってこそだ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年7月6日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら