【ジャパントラックカップI】脇本雄太が逃げ切り「ケイリン」優勝

 ワッキー、東京五輪へ視界良好! 2020東京五輪自転車競技トラック種目の会場である静岡県の伊豆ベロドロームで6日、「ジャパントラックカップI」が開催された。今大会は次回の五輪会場ということで世界各国から強豪が参加している中、ケイリン決勝には3月世界選手権(オランダ・アペルドールン)のケイリンで銀メダルを獲得した河端朋之(33=日本競輪選手会岡山支部)と脇本雄太(29=日本競輪選手会福井支部)が勝ち上がり、脇本が逃げ切って優勝を手にした。

 脇本は昨年12月にチリのサンティアゴで行われた自転車競技トラック種目のワールドカップ「2016―2017UCIトラックW杯第4戦」のケイリンで金メダルを獲得している実力者で、河端とともに東京五輪で日本悲願である日本発祥種目のケイリンでの金メダル獲得の期待がかかっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年7月6日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら