オウム報復を警戒し首相並みの特例 上川法相に「生涯SP警護」適用へ

 オウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(63)と元幹部の計7人に6日、死刑が執行されたが、松本死刑囚らの死刑執行に判を押したのは上川陽子法相(65)だ。執行後の午後に記者会見し「鏡を磨いて、磨いて、磨いて、磨ききって、慎重にも慎重を重ねた」と緊張気味に話した。

 公安調査庁は同日、オウム真理教の後継団体に対する調査、監視体制を強化するため特別調査本部を設置。信者らによる報復措置を懸念し、後継団体の関連施設へ一斉に立ち入り検査した。

 法曹関係者は「麻原の刑執行で、最も懸念されているのは、上川氏が信者らからの報復対象となって、身の危険が及ぶことです。刑執行にあたっては今後の身の安全を保障しなくてはいけなかった」と指摘する。オウム事件に関連しては1995年、国松孝次警察庁長官(当時)が何者かに狙撃された事件が起きた。

 この日の会見には2人のSP(警護官)が伴った。通常、大臣にはSPが警護し、自宅も24時間も警備される。

「大臣を退任した後は通常、SPは外れますが、上川氏は生涯、要警護対象者となって、退任後もSPが付くことになるでしょう。一生SPが付くのは首相経験者だけです。本人からの申し出があれば、警護を断れるが、不測の事態が起きれば警察の責任問題になる。少なくとも数年は警護を外すのは難しいでしょう」(永田町関係者)

 また1日で7人執行は98年に法務省が死刑執行の事実と人数の公表を始めて以降、最多となった。残る元幹部6人の執行時期が今後の焦点となる。

「9月の自民党総裁選の前後で内閣改造があるので、それまでに6人の執行も上川氏に委ねたいのが安倍首相の本音でしょう。大役を担った上川氏は改造で退任になるでしょうが、果たして気が休まる時が来るのか」(同関係者)。上川氏は覚悟を持って勇気ある決断をしたようだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オウム真理教」に関する記事

「オウム真理教」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オウム真理教」の記事

次に読みたい「オウム真理教」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク