【レスリング】女子50キロ世界代表に須崎優衣「東京五輪につなげたい」

【レスリング】女子50キロ世界代表に須崎優衣「東京五輪につなげたい」
拡大する(全1枚)
須崎優衣

 レスリング世界選手権(10月、ハンガリー・ブダペスト)日本代表決定プレーオフが7日、埼玉・和光市総合体育館で行われ、男女計10階級で代表が内定した。

 女子50キロ級は昨年48キロ級の世界王者・須崎優衣(19=早大)が入江ゆき(25=自衛隊)に劇的な逆転勝ち。最後は得意のタックルが決まり「一瞬、焦ってしまったんですが、自分の強さはここからだと切り替えられた」と安堵した。日頃から残り30秒での逆転を想定した練習を繰り返し、その成果が出たという。

「世界選手権で連覇して東京五輪につなげたい。何がなんでも世界選手権に出場したいと思っていた。今年も世界チャンピオンになれるように頑張ります」。圧倒的な勝負強さを武器にする若き女王が、東京五輪に向けて一歩リードした。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レスリング」に関する記事

「レスリング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レスリング」の記事

次に読みたい「レスリング」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク