【点滴連続中毒死事件】注射針混入騒ぎで“あの人のしわざ”と噂に…

 神奈川県横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で2016年9月に起きた点滴連続中毒死事件で、同病院に勤務していた元看護師久保木愛弓容疑者(31)を巡り“予兆”ともいえる注射針混入騒ぎが起きていた。7日、殺人の疑いで逮捕された久保木容疑者。余罪も示唆した一方、同病院の仕事のさせ方にも疑問が浮かび上がった。

「20人ぐらいに消毒液を入れた」

 警察の取り調べに久保木容疑者は容疑を認め、余罪も示唆している。大口病院では16年7月から9月20日までの間に入院患者48人が亡くなった。

 逮捕容疑は16年9月18日、大口病院4階に入院していた同市の西川惣蔵さん(88=当時)の点滴に消毒液を混入させ、殺害した疑い。西川さん死亡の2日後には同じ部屋で入院していた八巻信雄さん(88=同)も死亡した。点滴の残りや遺体から4階ナースステーションにあった消毒液「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が検出された。前出の「20人」供述から、数十人以上への連続大量殺人に発展する可能性がある。

 久保木容疑者は事件発生後から各メディアに関与を否定していたが、警察もマスコミも疑惑の目を向けた。病院関係者は「事件のとき、病院の全看護師が警察の聴取を受けたが、早くから久保木容疑者が疑われていたのは、前に“事件”を起こしていたからだった」と語る。

 被害者の西川さんはつるされた点滴の輸液パックの上部に注射針のようなもので穴を開けられ、消毒液を混入させられた。「注射針が院内の看護師ら複数人の持ち物に入れられたことがあったんです。ある人は筆箱に入れられました。久保木さんのしわざと噂されました」(同院関係者)。当時の状況も含めて、同僚らとも折り合いの悪かった久保木容疑者の犯行ではとの疑いがすぐに浮上したのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク