デリヘルの「キャンセル不可」に激高暴行 大阪府議の大学生バカ息子を逮捕

 風俗店の従業員から金を奪ってケガをさせたとして、警視庁大崎署は11日までに、強盗致傷の疑いで大阪府東大阪市の大学生の冨山勝伍容疑者(24)を逮捕した。

 6月4日午前8時ごろ、ラブホ街である品川区西五反田の路上で、デリヘルの男性従業員(64)を相手に料金トラブルを起こし、突き飛ばして太ももを踏みつけ右股関節打撲などのケガを負わせたうえ、現金2万7000円を奪った疑い。冨山容疑者は「払った金を返してもらっただけ」と容疑を一部否認している。

 トラブルの発端は料金の認識にあった。電話予約した冨山容疑者がホテルで女性の到着を待っていると、指名した女性が外国人のため男性が前払いの対応にやってきた。冨山容疑者は「コース代金」を手渡したが、店側は予約時に説明した「指名料」も要求した。

 冨山容疑者は「指名料」の説明は受けていなかったと納得しない。さらに「キャンセルはできない」が「チェンジはできる」との説明に激高したのだ。

 警察は料金を発表していないが、指名料金はわずか1000~3000円が相場だ。業界関係者は風俗ではキャンセルできないのが基本と話す。

「予約が入った段階で女の子の枠が確保される。急にキャンセルされると、店だけでなく女の子の稼ぎもなくなるのを避けるため」

 だが、言った言わないのトラブルは頻発する。そんなとき盾になるのは「店のサイトに注意書きがある」という主張だ。
「サイトがなかったり、本番させたりして警察沙汰になると困る“やましい店”は返金してしまう」

 風俗での金銭トラブルは多く「なんでお試しコースに割引をつけられないんだ」とキレるような客は少なくないという。なお、容疑者は冨山勝成大阪府議(自民)の息子。わずかな指名料惜しさに事件を起こしたバカ息子のせいで府議の名前が出る事態となった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年7月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。