西武のレジェンド指揮官・森氏が始球式 教え子・辻監督に思いを込めた一球

 西武は20日の楽天戦(メットライフ)前、ライオンズ黄金時代を率いた元指揮官・森祗晶氏(81=評論家)がセレモニアルピッチを行った。

 1986年から94年の9シーズンで8度のリーグ優勝、6度の日本一を達成したレジェンド指揮官は「この懐かしいユニホーム、また数々の思い出を作ってくれたこのグラウンドに立つというのは、私にとって感無量。前半戦を首位で折り返しましたが、これからが正念場でございます」とコメント。所沢移転40周年イベントに際して万感の思いで、かつての教え子であり選手会長でもあった辻監督に一球を投じた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年7月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら