レジェンド指揮官・森氏 西武フロントにブルペン補強を提言

 1986年から94年の9シーズンで8度のリーグ優勝、6度の日本一を達成した西武黄金時代の指揮官・森祗晶氏(81=評論家)が20日、現フロントにブルペン補強の提言をした。

 ライオンズの所沢移転40周年イベントのため楽天戦(メットライフ)でセレモニアルピッチを行った森氏は「この懐かしいユニホーム、また数々の思い出を作ってくれたこのグラウンドに立つというのは私にとって感無量」と24年ぶりに袖を通したライオンズのユニホームに対する思いを語った。

 試合はエース・菊池が6回6失点と崩れ2—7と敗れたが、試合後にはグラウンド上で残った多くのファンの質問に答える形式でのトークショーを行った。

 ファンの質問の多くはレジェンド指揮官に「どうしたら今年ライオンズが優勝できるのか?」の一点に集中していた。監督時代、優勝確率8割8分9厘を誇った森氏は「それはピッチャーでしょう。ライオンズの試合を見ていて7回、8回、9回の失点があまりにも多すぎる。辻監督も相当ガマンしながらやっていると思う。もう少しフロントがピッチャーを与えてやってほしいと思います」と思うと発言すると、我が意を得たファンからは一斉に拍手が沸き起こった。

 その上で今後のポイントは「菊池が軸になって勝っていくこと」と「7、8、9回のつなぎの役割を果たす投手をみつけられるかどうか」だと指摘した。

 また、森氏は黄金時代を振り返り「当時のフロントが素晴らしかったのはフロントが一切現場に口を出さなかったこと。それで私も仕事に没頭できた。渡辺(SD)もまだ若い。これからだと思います。ファンの皆さんには温かい目で見てあげてほしい。今年のオフにどのような補強をするかだと思います」とフォローも忘れなかった。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年7月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら