8・2開幕「ブリヂストン招待」 ウッズ“最後の得意大会”で結果出せるか

8・2開幕「ブリヂストン招待」 ウッズ“最後の得意大会”で結果出せるか
ウッズが強いとゴルフ界は盛り上がる(ロイター)

 タイガー・ウッズ(42=米国)は最後の得意大会で結果を出すことができるか。

 世界ゴルフ選手権シリーズ(WGC)「ブリヂストン招待」は来週8月2~5日にオハイオ州アクロンのファイアストーンCCで開催される。「NEC招待」だった時期を含めてこのコースで通算8勝を挙げているウッズは出場資格がなかったが、先週の「全英オープン」で6位となったことで世界ランキングが71位から50位へと上がり、4年ぶりの出場が決まった。

 このコースで開催されるのは今年が最後。すでに発表されている2018~19年シーズンのスケジュールでは名称が「フェデックス・セントジュード招待」へと変わり、開催地もテネシー州メンフィスに移る。

 大会の冠スポンサーは、タイヤの売り上げで世界トップ(16年)のブリヂストン。ウッズはその子会社でもあるブリヂストンスポーツと昨年からボール契約を結び、ホストプロ的な立場でもある。

 5月の「プレーヤーズ選手権」で11位になった際には「ゴールの一つは(世界ランク50位以内に入って)最後のファイアストーンに出ること」と語っており、大会への思い入れも人一倍。米ツアーで最後の優勝は13年のこの大会で、2日目に「61」のコースレコードをマークしている。

 一方で「全英オープン」の米国内での視聴率は昨年比でなんと38%アップ。00、06年とウッズが優勝して以来の高い数字を記録したという。やはりウッズが強いとゴルフ界が盛り上がる。昨年大会は日本の松山英樹(26=LEXUS)が優勝。松山との競演で“最後の大会”でも沸かせてほしいものだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年7月26日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「イ・ボミ」のニュース

次に読みたい関連記事「イ・ボミ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里美香」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里美香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷原秀人」のニュース

次に読みたい関連記事「谷原秀人」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。