藤田菜七子が“葛藤”激白「女性だからではなく強くなって注目されたい」

藤田菜七子が“葛藤”激白「女性だからではなく強くなって注目されたい」
菜七子が思い描く未来とは…

 JRA唯一の女性ジョッキー・藤田菜七子(20=美浦・根本厩舎)が9日、21歳の誕生日を迎える。6月にはGI騎乗条件を満たす通算31勝を達成。周囲からの期待が日ごとに高まる中、本紙は独占インタビューを敢行。デビューからこれまで異常なほど注目を浴びる中で経験した戸惑いと不安、さらに自身が思い描く未来を激白した。

 ――9日に21歳になります。この1年間は非常に内容が濃かったのでは

 菜七子:毎週のように追い切りをして、土日は競馬という中で過ごしていると、あっという間に月日が過ぎます。子供のころに今の自分は全く想像できなかったですね。

 ――6月17日に通算31勝を達成。GI騎乗が可能となりましたが

 菜七子:今まで乗せてもらったすべての馬に感謝です。いつGIに乗せていただくことになっても、自信を持って乗れるように普段から考えています。

 ――そういえば、31勝目を挙げてカメラマンに手で「3」「1」のポーズを要求されたとき、拒否していましたね

 菜七子:アハハハ、そうでしたね。まあ、31勝は通過点ですし…。毎回ああいう要求されるのですが、ちょっと嫌だったので(笑い)。デビューしたころは言われるがままにやっていましたが、たまには断ってもいいのかなあと思って。

 ――デビューから注目され、その状況とどう向き合ってきたか

 菜七子:今でも注目されることは得意じゃないですね(笑い)。何の成績も残していないのに、ただただ「女性だから」という理由で注目されて…。一緒にデビューした同期の方が勝っているのにって気持ちでしたね。なんで私が? これでいいのかな?っていう「不安」と「悔しさ」がずっとありました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年8月2日のスポーツ総合記事
「藤田菜七子が“葛藤”激白「女性だからではなく強くなって注目されたい」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    極端な作戦だとそこそこ良かったりするのよねえ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「武豊」のニュース

次に読みたい関連記事「武豊」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「岩田康誠」のニュース

次に読みたい関連記事「岩田康誠」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「蛯名正義」のニュース

次に読みたい関連記事「蛯名正義」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら