懐かしの“国鉄色特急”ついに全車解体 涙ながらに思い出語る熱烈マニア

懐かしの“国鉄色特急”ついに全車解体 涙ながらに思い出語る熱烈マニア
解体された189系M51(右)

 鉄道マニアが悲鳴! クリーム色を基調に窓の部分に赤い帯の入った国鉄特急色車両がついに全車解体されてしまった。長年親しまれていた国鉄特急色の車両は二度と見られない。

 このほど解体されたのは、都内の豊田車両センターに配属されている189系M51編成(6両)で、6月、長野総合車両センターの解体線に移動されていた。その後、順次解体が行われ、7月下旬には最後の一両となっていた先頭車(クハ189―10)が大型重機を使って解体された。これを受けて鉄道ファンの間から悲鳴が上がっている。国鉄時代の1975年に完成した特急形電車である189系は、マニアにとって特別なものだった。国鉄時代の面影を残していたことは言うまでもないが、マニアックな見方をすれば“通称・こだま型の特急車両”がその姿を消してしまったことになるのだ。

「こだま」は、国鉄で初めてとなる電車による在来線の有料特急(阪和線には、無料の特急電車が運行されていた時代もある)として東海道本線で運行を開始した。先頭車両は、高速運転における前面の視界を良好にするため運転台を高い位置に設置した流線形スタイルのボンネット型となっていた。1958年11月1日から東海道本線東京~大阪・神戸間を結ぶビジネス特急として運用された。

 都内在住の50代男性会社員は「ついに来るべき日が来てしまったという感じです。国鉄特急色車両は、子供のころからよく乗っていました。小学校高学年のころ、鉄道趣味を始めてから、土日や夏休みになると写真を撮りに行ったものです。風景にもマッチしますし、本当に味のある車両でした。今どきのステンレスやアルミカーにはない趣があります。せめて先頭車だけでも保存してほしかったのですが、とても残念です」と語る。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。