タイ・極悪坊主の“宝クジ寺”外国人観光客も押し売り、ふっかけ被害

タイ・極悪坊主の“宝クジ寺”外国人観光客も押し売り、ふっかけ被害
ワット・ドイカムに何十人もいる宝くじ売り。善良な売り子はかわいそう

【アツいアジアから旬ネタ直送 亜細亜スポーツ】日本はサマージャンボ宝くじの季節(販売は3日まで)だが、タイでも宝くじは大人気だ。1枚80バーツ(約270円)で、1等賞金は600万バーツ(約2000万円)。平均年収が100万~150万円程度といわれるタイでは相当な大金だ。

 高額当せんのチャンスをつかむため、縁起を担ぐのは万国共通で、仏教国タイではお寺に祈る。「宝くじが当たる」と評判の寺院が各地にあり、実際に参拝して大金をゲットした人もいるとかで、噂が噂を呼んで参拝客がひっきりなしに押し寄せる寺もある。日本で言う、金運が上がる神社や寺のようなものだが、そのものズバリ「宝くじが当たる」と即物的なのがいかにもタイっぽい。

 そんな“宝くじ寺”の一つが、北部の古都チェンマイ郊外の小高い山の頂にあるワット・ドイカム。巨大な仏像や寝釈迦が鎮座し、お堂やほこらなどが無数に点在し、さながら“仏教テーマパーク”だ。創建は7世紀にさかのぼるといわれ、1300年の歴史を持つ古刹。山頂からの眺めは素晴らしく、ピクニックがてら訪れる地元民も多い。

 境内のあちこちにいる宝くじ売りには黒山の人だかりができ、数あるくじの中から「これぞ!」という番号を探している。購入後は寺に参拝し、当せんを祈願するという流れだ。

 ただ、あまりに人気になりすぎて、トラブルも多発。参拝客に宝くじを押し売りするやからが増えてしまったのだ。地元紙「チェンマイニュース」によれば、駐車場で参拝客の車を取り囲み、ドアを開けられないようにして強引に買わせるケースも。買うのを断ると、車を傷付けられた人もいるという。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。