“埼玉のダル”日本ハム中村勝が434日ぶり登板「ファンのありがたみ感じた」

“埼玉のダル”日本ハム中村勝が434日ぶり登板「ファンのありがたみ感じた」
実戦復帰を果たした中村

「埼玉のダルビッシュ」が、復活への一歩を踏み出した。日本ハムの中村勝投手(26)が9日、独立リーグ・石川ミリオンスターズ戦(鎌ケ谷)で、434日ぶりとなる復帰登板を果たした。

 中村は6回からリリーフとしてマウンドへ上がると、久々の実戦とは思えない落ち着いた投球を披露。「ブルペンよりも腕が振れた」と話す通り、先頭打者を初球で簡単に三ゴロに打ち取ると、続く打者も空振り三振に仕留めた。その後の打者に右翼線二塁打を浴びると、自身の暴投も絡んで三塁まで進ませるピンチを招いたが、後続を二直と断ち切り、復帰登板を1回無失点に抑えた。

 試合後、中村は「まずは投げられたことが良かったです。まだ力を制御しているところがあるので、実戦の中でなじませて、もっと腕が振れるよう目指します」と笑顔。荒木二軍監督も「これからやらないといけないことは自分でも分かってるはず」と、次回以降への期待感を口にした。

 昨年6月1日のDeNA戦で登板後に右ヒジを故障した中村。症状は重く、7月5日にトミー・ジョン手術を受け、ここまでリハビリを続けていた。約1年2か月の長いリハビリ期間を強いられたが、意外にも本人は「途中までは、そこまで長いとは感じませんでしたね。手術が手術だったので、良くも悪くも割り切ってリハビリに臨めましたから」と爽やかな表情。「トレーナーの方が親身になってフォローしてくれたのが大きいです。感謝の気持ちしかないですね」と率直な心境を明かした。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年8月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら