阪神・岩貞 広島戦に過去16度登板し0勝10敗「意識せずにやっていきたい」

       

 阪神岩貞祐太投手(26)が“17度目の正直”での打倒・広島を誓った。

 14日の広島戦(京セラ)に先発する左腕は13日、甲子園の室内練習場での投手練習に参加し、キャッチボールやランニングで最終調整。「チームも8月に入って勝ちが先行している。その流れに乗ってゲームのスタートからしっかり自分のテンポ、リズムで冷静に投げられるようにしたい」と腕をぶした。

 対広島戦はプロ入り後、16回の登板機会がありながら0勝10敗と異常ともいえる相性の悪さ。「今までは意識してやっていたが、そうしていい結果が出たことはない」とした上で「他のセ・リーグ5球団と同じような入りというか、意識せずにやっていきたい」とあえて自然体で臨む。

 負ければ広島のマジック点灯を許す大一番で今までの借りを返すことができるか。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月14日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。