山口県の行方不明2歳児 前例で生まれた発見への合言葉

 山口県周防大島町で行方不明となった藤本理稀(よしき)ちゃん(2)の捜索が続いている。

 理稀ちゃんは12日午前10時半ごろ、曽祖父の家から約400メートル離れた砂浜に海水浴へ行くため、祖父と兄と一緒に歩いて出発。途中でぐずった理稀ちゃんは、家からの距離が100メートルほどの地点で1人で家に引き返したという。

 祖父は理稀ちゃんが曽祖父宅の約20メートルまで近付くのを見ていた。その後、遅れて曽祖父宅を出た母親らが理稀ちゃんと出会わなかったため、行方不明になったことが分かった。

 柳井署などは13日、約140人態勢で近くのため池や水路を捜索したが、手掛かりは見つからず。この日は理稀ちゃんの2歳の誕生日だった。

 それにしても祖父が目を離した家から20メートルの間に一体何が起きたのか?

 捜査関係者は「現時点で事件の可能性は低い。ため池や水路に誤って転落したことが考えられたが、この日の捜索では何も見つからなかった。現場には警察犬も投入されているが、こちらも反応はなし。田舎の“神隠し事件”では猛禽類に子供がさらわれるケースが多々あるので、それも考慮に入れている」と話す。

 同様の事件に学ぶのも手だ。10日には大分県臼杵市で女児(2)が母親の実家に帰省中、行方不明となったが、数時間後に実家から数百メートル離れた山中で発見された。

 2016年12月にも同県佐伯市の畑で女児(2=当時)が行方不明に。翌日、無事保護されたが、見つかった場所は畑から約2キロメートル離れた山中の崖の下だった。

「2歳児は好奇心旺盛で、大人の想像をはるかに超える行動力を見せる。佐伯市の件で『あり得ない場所を探せ』というのが、合言葉になった」(関係者)

 県警は14日朝から理稀ちゃんの曽祖父宅を中心に山間部まで捜査範囲を拡大。柳井海上保安署は巡視艇を出し、海上を捜索するという。無事に見つかることを祈るばかりだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年8月14日の社会記事
「山口県の行方不明2歳児 前例で生まれた発見への合言葉」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    無事保護されたnewsも流れ一安心。しかし曽祖父の落ち度は許せない。「行きたくない」言われたときになぜ1人で返した? 3人で家に戻り再度出かければ済む話だ。それとも家まで10km20kmあったのかよ?

    3
  • 匿名さん 通報

    田舎で有り得そうな事といえば、神隠しかぁ? この暑さで犬も反応なし? 狂言とか疑ってるよね。

    0
  • 匿名さん 通報

    山口?そっちの山口か。またなんか、とカン違いした。

    0
  • 匿名さん 通報

    何で自分の子供を祖父に預けるかな。自分の子供は親が責任を持って最後まで自分らで面倒を見る。人任せにするから余計なトラブルに巻き込まれたりする。でも何だかんだ親が隣にいても子供の連れ去りは起きるけど。

    0
  • 匿名さん 通報

    二度とこんなことが起こらないよう、子供の首に首輪とリードでも付けて常に親と一諸にいることだね。今回のことは社会勉強として、親も子供も祖父も痛い目を見たことで何かを学んでくれれば良いが。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「三重県」のニュース

次に読みたい関連記事「三重県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「愛媛県」のニュース

次に読みたい関連記事「愛媛県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高知県」のニュース

次に読みたい関連記事「高知県」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。