行方不明の2歳男児発見

 山口県周防大島町で12日から行方不明になっていた同県防府市の男児・藤本理稀(よしき)ちゃん(2)が15日午前7時ごろ、発見された。山口県警が明らかにした。テレビ各局の報道によると最後に姿が確認された場所の近くで見つかり、意識はあり受け答えもできる状態だという。

 不明から約3日後、朗報がもたらされた。約150人態勢で実施された14日に続いて捜索が予定されていた15日、理稀ちゃんが見つかった。その際、成人男性と一緒にいた。男性は近隣住民ではないとみられる。その後に病院へ搬送された。

 理稀ちゃんは12日午前10時半前、帰省先の曽祖父宅から約400メートル離れた海岸へ海水浴に行くため祖父らと外出。途中で理稀ちゃんだけが引き返し、家からの道と違う道に進んでいくのを祖父が見ていた。

 遅れて家を出た母親の美緒さん(37)らが、祖父らと同じ道を通って追い付いた際、行方が分からなくなっていることに気付いた。

 14日には美緒さんも屋外の公共用スピーカーから「よっちゃーん、お母さんだよ。いたら返事して」などと呼びかけたが、手掛かりは見つからなかった。

 3日間、大捜索が繰り広げられた末、不明になった現場近くで見つかった理稀ちゃん。その一帯は当然、綿密に調べられたはず。遠くまで歩き回って、戻ってきたのか。体力を消耗する真夏の3日間サバイバルの解明も待たれる。

あわせて読みたい

記事提供社から

「行方不明の2歳男児発見」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    この件はホント、全国の育児中の親達が教訓にすべき。必死に保活してる親達もそうだが、幼い我が子を一瞬でも目を離したり手許から他人に渡るとどうなるか。下手すりゃ死ぬかもしれないって事だ

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。