風営法違反で起訴された76歳老女“異常公判”の中身

 営業禁止区域内で許可なく風俗サービスを伴うマッサージ店を経営したとして、風営法違反(禁止地域営業)の罪に問われた東京都新宿区の韓国籍、金敬玉(キム・キョンオク)被告(76)の初公判が先日、東京地裁(開發礼子裁判官)で開かれた。「お許しください」「韓国には帰る場所がない」と泣きながら訴える被告の声が法廷に響き、女性裁判官も、その押しの強さにうんざりした表情を浮かべる“異常公判”の中身とは――。

 起訴状によると、金被告は5月19日、大田区蒲田で韓国エステ「ファンタジー」を経営して、不特定の男性客らに女性従業員による性的サービスを提供させたもの。

「間違いありません」と全面的に起訴内容を認めた。

 金被告は2015年にも同様の店を違法に経営したとして、罰金100万円の前科がある。死別した日本人夫の配偶者ビザで滞在中の身で、実刑を受ければ強制送還される可能性も。裁判では韓国ドラマさながらの“お涙頂戴”の訴えを必死に繰り広げた。

 蒲田の店は、昨年9月に権利者から70万円(未払い)と月24万円(後に20万円に減額)の家賃を支払う約束で譲渡された。前科があるだけでなく、今年3月には警官の立ち入り検査で「警告」を受けているため、確実に違法性を認識している。

 それなのに、5月初めに新たに雇った女性に業務として手淫が存在することを説明している。

 だが「5月末に店をやめるつもりで荷物もまとめていた。5月19日にこんなことになった。うそじゃない」と苦しい抗弁で引き下がろうとしない。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年8月16日の社会記事をもっと見る
「風営法違反で起訴された76歳老女“異常公判”の中身」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    釜山港へ帰れ!!

    9
  • 匿名さん 通報

    朝鮮人は本当汚らしい生物だよ。

    7
  • 匿名さん 通報

    強制送還で近親相姦で朝鮮人で早く帰れ!!ニダ!!

    5
  • 匿名さん 通報

    キム・・・

    4
  • 匿名さん 通報

    だが断る。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。