山口2歳男児を30分で発見した神ボランティア まず家族へ渡したかった心意気

 山口県東南部の周防大島町で12日から不明になっていた藤本理稀(よしき)ちゃん(2)を15日、3日ぶりに発見したのは、捜索ボランティアとして町を訪れた大分県日出町の尾畠春夫氏(78)だった。

 尾畠氏は現地に到着した14日に、理稀ちゃんの母親ら家族と会い「見つけたら必ず抱き締め、じかにお渡しする」と決意を伝えていた。15日午前6時ごろから単身、裏山に入った。30分ほどで沢沿いに座っていた理稀ちゃんを発見。用意してきたバスタオルにくるみ抱きかかえ、約束通り無事な姿で家族に引き渡した。

 しかし、山口県警などの捜索隊に先んじすぎたためか、理稀ちゃんが発見された際の警察からメディアへの第1情報は「理稀ちゃんが見つかった。その際、成人男性と一緒にいた。男性は近隣住民ではないとみられる」という誤解を招きかねない表現だった。尾畠氏が理稀ちゃんを警察に渡さず、一目散に家族の元に運んだからだ。

 尾畠氏は「大臣が来ようが関係ない。罰を受けてもじかに家族に渡したかった。警察が『渡してください』と来たけど、『イヤです』と言った」と明かしている。

 それは2016年12月、大分県佐伯市で2歳女児が行方不明になった際、捜索に加わった体験からの行動だった。

 女児は無事に保護されたが、すぐに警察が車両に乗せ、走り去った。母親は車を追いかけながら、女児の名を叫び続けたが車は止まらなかった。警察のマニュアルとしては行方不明者を発見し次第、病院に搬送して健康チェックするからだ。しかし、母親としてはまずわが子を抱き締めたいもの。そのため今回、尾畠氏は警察に理稀ちゃんを渡さなかった。

 尾畠氏は66歳まで鮮魚店を経営。リタイア前からボランティア活動に参加し、リタイア後は専念。新潟中越地震、東日本大震災、鬼怒川の堤防が決壊した関東・東北豪雨、熊本地震など、災害が起きるたびに各地へ足を運び、遺品探しや泥かきに汗を流した。

 今回も西日本豪雨のボランティアから、事件を知って駆けつけたという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年8月16日の社会記事
「山口2歳男児を30分で発見した神ボランティア まず家族へ渡したかった心意気」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    罰を受けても警察に渡さないって、下手すりゃ自分の信念の為には犯罪も厭わないって言ってるようなもので何か異様だよな。ボランティア精神を拗らせて少し身勝手かなと思ったりした。

    1
  • 匿名さん 通報

    公務員は特に「自分達が責められるような原因を一切作らない」よう日頃から金もらって鍛えてる組織だから、こう言うときには親は寂しいわな。

    1
  • コメント時間いいね 通報

    2018/08/17 00:00 < そういう捉え方もあるわな。

    0
  • 匿名さん 通報

    3日待って、死にそうじゃないんだから、後半日待っても、減るもんじゃないと見てもいいけど、色々な正解があっていいんじゃないの?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「三重県」のニュース

次に読みたい関連記事「三重県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「愛媛県」のニュース

次に読みたい関連記事「愛媛県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高知県」のニュース

次に読みたい関連記事「高知県」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。