「半分、青い。」第118話視聴率21・5% 仙吉は2号店の名前を“遺し”大往生

「半分、青い。」第118話視聴率21・5% 仙吉は2号店の名前を“遺し”大往生
女優の永野芽郁

 16日に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」第118話の平均視聴率が21・5%だったことが17日、分かった。

 物語は大阪万博(1970年)の翌年、岐阜県東濃地方のとある町の小さな食堂に生まれ、小学生の時に片耳を失聴した「楡野鈴愛(すずめ)」(永野芽郁=18)が主役。夢、仕事、恋愛と失敗を繰り返しながらも、持ち前の行動力で現代まで生き抜く姿、その約半世紀を描く。

 初回から視聴率21・8%を記録し、前作「わろてんか」(主演・葵わかな)の20・8%を1ポイント上回る好スタートを切った。

 第20週のタイトルは「始めたい!」。視聴率は第115話20・5%→第116話20・6%→第117話20・7%と推移。前回から0・8ポイント上昇した。

 第118話は、つくし食堂2号店に向けて動きだした楡野家を描く。鈴愛は、祖父・仙吉(中村雅俊)の五平餅を受け継ぐべく、“修業”に励んでいた。仙吉は2号店の出来上がりを楽しみに「幸せや」とうたた寝していると、ひ孫の花野(山崎莉里那)が帰宅してくる。

 すると仙吉は「おーちゃんも名前が付けてみたい。今度の五平餅の店に」とひそかな夢を明かし、内緒を条件に店名を耳打ちする。花野は「かっこいい」と絶賛。そのまま2人は昼寝をする。そして仙吉は花野を胸に抱いたまま、眠るように息を引き取った。

 今回の放送に、ネット上では「涙が止まりません」「仙吉さんロス」「お店の名前仙吉さんのがつくといいな」と悲しみの声の声が広がった。また「悲しいけど、幸せに満ち溢れた最期だった」「理想の去り方だったなぁ」との声が上がっていた。

(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 視聴率 いだてん
  2. 視聴率 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。