【高校野球】済美のエース山口直 敗戦にも「ありがとうという気持ち」

【高校野球】済美のエース山口直 敗戦にも「ありがとうという気持ち」
5回、石川(奥)に2点打を浴びた済美・山口直

 第100回全国高校野球選手権大会第15日(20日、甲子園)、準決勝第2試合で済美(愛媛)は大阪桐蔭(北大阪)に2―5と逆転負けし、決勝進出はならなかった。エース右腕・山口直は「悔しいよりも仲間へのありがとうの気持ちが強い」と涙はなかった。

 ナインの結束は固い。3年生は中矢太監督から「この代は済美歴代で最弱だ」と言われ続けてきた。だからこそ死ぬ気で練習に取り組んだ。試合後、中矢監督は「日々成長を感じられるチームでした。力以上のものなんですかね、力と認めてやりたい」とねぎらった。

 山口直は甲子園で607球を投げた。「この経験を生かしたい。進路は大学進学のつもりです」と次なるステージを目指す。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。