スルガ銀行“死に体”大暴落で株価4分の1 株主から多額の賠償請求も?

 女性向けシェアハウスへの不適切融資が問題化しているスルガ銀行(静岡県沼津市)が“三重苦”に陥りそうだ。

 同行の融資総額3兆1500億円のうち投資用不動産融資は2兆円で、シェアハウス向け融資書類の改ざんなど不適切融資が1兆円規模に上ると報じられたのだ。

 これを受けスルガ銀行株は22日の取引で、ストップ安となる前日比19%安の620円まで下落した。これは東日本大震災直後の2011年3月以来の安値。日中下落率は震災時をしのぐ。

 たまったものではないのは株主だ。今年1月10日に記録した年初来高値2569円が、わずか半年で4分の1に…。

 一連のシェアハウス問題では、同行の水増し融資が原因で破綻した全国のオーナーが、スルガを相手取り損害賠償訴訟を起こしているが、新たに株価暴落で損害を被った株主からも多額の損害賠償を請求されそうだ。

 金融関係者は「借り手の審査を通すために資料の改ざんが横行し、本店も見て見ぬフリをしてきた。これは組織犯罪。株主代表訴訟を求める声が上がるのは当然だろう」と話す。

 現在、外部弁護士による第三者委員会が調査報告書をまとめており、早ければ今月末にも公表される。これを受け金融庁が何らかの処分を下す見込みだが、市場関係者の見立てでは「業務停止命令などの重い処分が下る可能性が高い」。

 有力地銀の業務停止命令は信用を完全に失うのと同じ。しかも不正融資の総額が数兆円規模となれば「経営破綻」の文字もチラついてくる。

「スルガ単独で経営再建を図るか、公的支援や他の金融機関の支援を仰ぐかは流動的。地元の静岡では“取り付け騒ぎ”が起きてもおかしくない」(同関係者)

 オーナーに訴えられ、株主に訴えられ、金融庁からは大目玉…。もうどうにでもスルガいい!?

東スポWebの記事をもっと見る 2018年8月23日の社会記事
「スルガ銀行“死に体”大暴落で株価4分の1 株主から多額の賠償請求も?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    地方銀行がこんな無謀な融資にのめり込んだのは日銀の異次元緩和で収益環境が悪化したためだ。日銀は、己の政権に阿った政策で、多くの人達を不幸に追い込んだ実態を知れ。

    2
  • 匿名さん 通報

    そろそろ買い時かな?今年一番の大きな仕手筋株だなw

    1
  • 匿名さん 通報

    東海は以前にも潰れた銀行?信金?があったかな。そんなに裕福な地方でも産業が盛んな地方でもないから金融業は流行らないんだろうな・・・

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。