サッカー日本代表・森保監督を“知り尽くす男”激白 岡田武史氏とどこが違うのか

サッカー日本代表・森保監督を“知り尽くす男”激白 岡田武史氏とどこが違うのか
アジア大会決勝の韓国戦では最後まで大声で指示を送った森保監督

 サッカー日本代表森保一監督(50)が初陣となる国際親善試合チリ戦(7日、札幌)、同コスタリカ戦(11日、大阪)に向けて3日から本格始動。2020年東京五輪代表監督を兼務する指揮官を選手時代に指導した元日本代表コーチの清雲栄純氏(67)が本紙インタビューに応じ、秘話を公開した。さらには2010年南アフリカW杯で日本代表監督を務めた名将、岡田武史氏(62)との比較にも言及だ。

 ――ハンス・オフト監督時代に代表へ抜てき

 清雲氏:無名(の選手)だったが、キャンプを重ねるにつれて彼の役割がみんなに浸透していった。(A代表デビューの1992年5月)アルゼンチンとのテストマッチで起用されたときにはみんな驚いたが、チームのバランサーとして味方をサポートする動き、規律を持った動きなどは皆がすぐに認めた。

 ――当時はどんな選手だったか

 清雲氏:ラモス(瑠偉)が(チームの)心臓なら森保は肺臓の役割。相手の攻撃の防波堤になり、視野の広さや攻守にわたり味方をサポートする能力は他の選手が持っていないものだった。(主力の)ラモスや柱谷(哲二)、井原(正巳)たちと相当な密度のコミュニケーションを取っていた。

 ――コミュニケーション能力が高い

 清雲氏:彼は“オープンマインド”で先入観を持たずに誰の意見も聞く。他人の話に耳を傾けることにたけていた。そして誰とでも話せる。最初のキャンプから臆することがなかった。カズ(三浦知良)とかラモスとか哲(柱谷哲二)とか井原とか、実績を残してきた選手とも積極的に議論をしていた。よく「何がダメだったんですか」と話をしていた。どんどんコミュニケーションを取ることでチームの成熟にもつながっていった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年9月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら