「風俗店の違約金」の名目で127万だまし取る “劇場型詐欺”の悪質手口

「風俗店の違約金」の名目で127万だまし取る  “劇場型詐欺”の悪質手口
歌舞伎町の路上には客引き防止看板が至る所にあるが、被害はなくならない

 警視庁新宿署は4日、風俗店の違約金と称し、地方から来た観光客から現金127万円をだまし取った詐欺容疑で、東京都東久留米市の風俗店従業員、波多野幸大容疑者(35)と埼玉県川越市のアルバイト石川龍馬容疑者(28)を逮捕した。最近、複数の人間が地方から来た観光客をターゲットに金をだまし取る“劇場型犯罪”が東京・歌舞伎町周辺で多発。同様の事件ではアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の名前を使う手口もあった。

 被害に遭ったのは長野県松本市の会社員男性A氏(21)。6月中旬、上京したA氏は夜遊びを考え日本最大級の繁華街・歌舞伎町に宿をとり、ロボットレストラン近くの路上で、キャッチの男から「AV女優、未成年とエッチできるよ」とスマホで画像を見せられた。
 
 キャッチに呼ばれて来た石川容疑者に未成年者のサービス代として7万円を手渡し、ラブホテルでウキウキしながら待っていると、現れたのは36歳の中国人の女(7月4日に逮捕後、処分保留で釈放)だった。
 
 がくぜんとして拒否するA氏に女は「キャンセル料10万円」を要求。派遣元の店に電話すると、波多野容疑者からキャンセル料を再度説明された。何のサービスも受けず、肩を落としてホテルを出ると、今度はA氏の前に店の従業員を名乗る男X(後に逮捕)が現れた。

「女と店にそれぞれ10万円ずつ違約金が必要」と言われ、応じた。さらに「うちの店はキャッチ使ってない。規約違反だから100万円払って」と求められ、コンビニのATMで口座の預金を見せて支払ってしまった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。