金足農・吉田輝星 「進路」のキーマンは?

金足農・吉田輝星 「進路」のキーマンは?
根尾昂(左)、藤原恭大(右)と写真に納まる吉田輝星

「第12回BFA U18アジア野球選手権大会」高校日本代表は10日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われた中国と3位決定戦に14―1の7回コールドで勝利。来年韓国で開催される「第29回WBSC U―18ベースボールワールドカップ」の出場資格を死守した。この日、注目の吉田輝星投手(3年=金足農)の登板はなかったが、注目の進路はどうなるのか。プロか、大学か、今大会で大きな変化が出ているという。

 日本は初回、先発板川(3年=横浜)が3安打を浴び1失点。敗れた韓国戦、台湾戦同様、先制点を許す悪い流れも、柿木(3年=大阪桐蔭)の好リリーフで切り抜ける。打線は毎回得点で中国を突き放し、6回には打者一巡の猛攻でダメ押しの5得点。どうにか来年以降のU―18にたすきをつないだ。

 この日の登板はなかったが、大会を通じて主戦を任された吉田は「チームは3位で次の世代にバトンをつなげたが、自分としては全然満足のいくピッチングができなかった。(敗戦を)取り返す機会はなくなってしまったけど、未来を向いて次のステージで頑張っていきたい」と総括。今後の進路については「国体が終わってから、どういうところでやるか考えたい。そこからでも遅くない。自分が後悔しない道を選びたい」と話すにとどめた。

 この日は前日吉田のもとを電撃訪問した金足農の中泉監督に加え、吉田の父・正樹さんも試合を観戦。11日に秋田へと移動する際には混乱も予想されるため、引率のために駆けつけた。今後は中泉監督と両親も交えて進路を固めていくという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年9月12日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「清宮幸太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「清宮幸太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「藤浪晋太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「藤浪晋太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「斎藤佑樹」のニュース

次に読みたい関連記事「斎藤佑樹」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら