休刊発表「新潮45」なぜ暴走?大揺れ社内事情 発端・杉田水脈氏は“沈黙”

 新潮社は25日、性的少数者(LGBT)への表現が差別的だとの批判を受けている月刊誌「新潮45」の休刊を決めたと発表した。歴史ある月刊誌の事実上の廃刊に衝撃が広がっているが、なぜここまで追い詰められるほど“暴走”したのか?

 自民党の杉田水脈衆院議員(51)が同誌8月号で、LGBTを「子供をつくらない、つまり『生産性』がない」などと表現し、自民党本部前では抗議デモが行われるなど炎上した。

 すると10月号では「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」との特集で、文芸評論家の小川栄太郎氏が、LGBTの権利を擁護するなら「痴漢が触る権利を社会は保障すべきでないのか」などと寄せ、さらに炎上。社内からも批判を浴び、21日に同社の佐藤隆信社長が10月号に関する談話を発表したが、その4日後、同社は休刊を発表した。

「ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、このような事態を招いた」と説明した。

 出版関係者は「一昨年に編集長が代わり、フォーカス出身の担当役員の介入もあって、極端に右傾化していた。編集幹部による秘密主義ともいえる方針で部員同士の情報共有がなく、社員の退社が相次いでいた。先行きを危惧されていた中で、今回の杉田論文のようなことになった」と指摘する。

 新潮45は、1985年に創刊(前身の「新潮45+」は82年創刊)され、これまで数多くの作家を輩出してきた。

...続きを読む

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年9月26日の社会記事
「休刊発表「新潮45」なぜ暴走?大揺れ社内事情 発端・杉田水脈氏は“沈黙”」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    過激であったり不適切な表現もあったが、LGBTに対する過保護的な過剰な人権意識は如何なものか?と言う意味においては記事を高く評価している人もいる。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。