日本ハム・斎藤が6月以来の登板 まずまずの内容

日本ハム・斎藤が6月以来の登板 まずまずの内容
2番手で登板した斎藤

 日本ハム・斎藤佑樹投手(30)が、2日の西武戦(札幌ドーム)で6月12日の阪神戦以来となる登板。ここまでプロ野球歴代単独4位の776得点を挙げる強力打線に挑んだ。

 1―3の8回に2番手として今季3試合目のマウンドに上がった斎藤は、先頭の4年目・山田から3球勝負のフォークで空振り三振を奪うと、続く4番・山川はフルカウントから四球。それでも、5番・斉藤彰を内角カットボールで3―6―3の併殺に仕留めた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 斎藤佑樹 ドラフト
  2. 斎藤佑樹 年俸
  3. 斎藤佑樹 引退
東スポWebの記事をもっと見る 2018年10月2日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「斎藤佑樹 + 引退」のおすすめ記事

「斎藤佑樹 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「斎藤佑樹 + 甲子園」のおすすめ記事

「斎藤佑樹 + 甲子園」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「長嶋茂雄」のニュース

次に読みたい関連記事「長嶋茂雄」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。