エンゼルスのヒンスキー打撃コーチが振り返る打者・大谷

 エンゼルス大谷翔平投手(24)のメジャー1年目が終わった。右ヒジの靱帯を2度損傷したため、投手としては10試合の登板で4勝2敗と不完全燃焼だったが、打者では日本人選手のメジャー1年目の本塁打記録を更新する22本塁打をマーク。メジャーでもトップクラスの飛距離と打球速度で全米を驚かせた。キャンプから見守ったエリク・ヒンスキー打撃コーチに、この1年を振り返ってもらった。

 ――チームは残念な結果でしたが、大谷の1年目は間近で見ていて、どうでしたか

 ヒンスキー・コーチ:素晴らしかったよ。この1年、彼がやってきたことを振り返ってみると、僕は本当に誇らしいよ。彼が相手に与えたダメージ、出塁率。ストライクゾーンを支配するし、実に才能あふれる打者なんだ。彼との毎日の練習も楽しいし、彼の成長を見届けるのも意義深かった。彼が投げかけてくる質問、もっと知りたいという欲求、そういうのを全部含めて本当に才能があるよ。

 ――どんな質問をしてくるのですか

 ヒンスキー・コーチ:相手ピッチャーについてチームが持っている情報すべてを知りたがるんだ。あらゆる確率やカウント、投球内容など。それに加えて自分のメカニック(技術)についても、しっかりボールの上をキープしているか、足を下げるスピードは十分かなど、彼は本当に頭のいいバッターで群を抜いている。

 ――チームの中では、どんな存在

 ヒンスキー・コーチ:彼の野球IQは天井を超えている。本当に賢い。常に投手の傾向を確認し、彼らの特徴から、彼らの大谷対策など、僕が知る誰よりもビデオ研究する、ウルトラ準備力の高い選手。それは投打どちらもだから、チームにとっても本当に存在は大きいよ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大谷翔平のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大谷翔平」に関する記事

「大谷翔平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大谷翔平」の記事

次に読みたい「大谷翔平」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク