名門済美野球部出身のお笑いコンビ「ティモンディ」が振り返る故上甲監督の“日本一の地獄練習”

【気になるアノ人を追跡調査!!野球探偵の備忘録】今年の夏の甲子園では、881球を投じて決勝で力尽きた金足農・吉田輝星投手(3年)が注目を集めたが、607球を投じてベスト4で散った済美の山口直哉投手(3年)も話題となった。同校は鵜久森淳志(ヤクルト)や福井優也(広島)、安楽智大(楽天)らをプロに輩出した強豪校で、そんな済美野球部OBには、意外な世界で活躍する2人がいる。お笑いコンビ「ティモンディ」の前田裕太(26)と高岸宏行(25)が、済美野球部の“秘密”を明かした。

 名門野球部の高校球児からお笑い芸人へ。異色の経歴を持つティモンディの2人だが、事務所の先輩にはサンドウィッチマンや永野、カミナリら多くの実力派芸人が揃うなど、次代の活躍に期待がかかる若手コンビだ。

 2人は済美野球部の同級生で「入寮して最初の晩に話したのが前田なんです。それからずっと仲良しで」(高岸)、「3年間一緒に生活してきましたからね。もう家族同然ですよ」(前田)と、先輩のサンドウィッチマンさながらのコンビ仲の良さを披露した。

 ともに甲子園の舞台を目指してきた2人だが、3年夏は「地方大会の決勝でサヨナラ負け。練習試合では5戦全勝していた相手だったので苦手意識はなかったのですが…」(前田)、「今でも悔しさは忘れられないですよ」(高岸)と、残念ながら「あと一歩」のところで涙をのんだ。

 済美といえば、埼玉・浦和学院とともに「日本一練習が厳しい野球部」とも言われる。前田は「浦和学院は運動力学にのっとったメニューで厳しいことが有名ですが、済美は昔ながらの根性論のメニューで厳しい、といった感じですかね」。その地獄メニューの生みの親こそ、名将として知られ、2014年に亡くなった上甲正典監督(享年67)だ。


当時の記事を読む

吉田輝星のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「吉田輝星」に関する記事

「吉田輝星」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「吉田輝星」の記事

次に読みたい「吉田輝星」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月7日の野球記事

キーワード一覧

  1. 吉田輝星 Instagram
  2. 吉田輝星 twitter

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。