西武・松井稼頭央 公式戦最後の打席でしぶとく左前打

 今季限りでの現役引退を表明している西武松井稼頭央外野手(42)が、今季最終戦となった6日のソフトバンク戦(ヤフオク)の8回に代打出場。寺原からしぶとく左前打を放った。

 3―5の8回にメヒアの代打として左打席に立った松井は、寺原のストレートを三遊間に流し打ち。打球は西田の伸ばしたグラブの先を抜け左前に。今季6安打目、日米通算2705安打となる安打を記録し、公式戦最後となる打席を終えた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年10月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。