ソフトB CS突破のカギ握るデスパイネの打棒

ソフトB CS突破のカギ握るデスパイネの打棒
3回に3ランを放ったデスパイネ

 ソフトバンクが今季最終戦となった8日のロッテ戦(ZOZOマリン)に6―1で快勝し、82勝60敗1分けの2位でレギュラーシーズンを終えた。首位・西武とは6・5ゲーム差をつけられての終戦になったが、チームは4連勝締めでポストシーズンに向けて弾みをつけた。

 工藤監督はシーズン総括で「2位という成績で終わって、悔しい思いでいっぱい」と吐露したが、昨年の日本一球団として、このまま終わるわけにはいかない。

 次なる戦いに向けて「準備は始めている。しっかりと相手を知るということも大事。自分たちのことも、もう一度見直して、準備を怠らず謙虚に残りの時間を使っていくのが大事」と、13日に開幕する日本ハムとのCSファーストステージを見据えた。

 チームの状態は上向きで、この日は打撃の状態が不安視されていたデスパイネが2発を放って復調をアピール。キューバの大砲は「感じは良かった。CSに向けて準備はできた」と腕をまくる。達川ヘッドコーチも「ポストシーズンのキーマンになるかもしれない」と期待を寄せた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年10月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら