阪神 17年ぶり最下位決定で金本監督“特権剥奪”

 いよいよ崖っ縁ということか――。阪神は8日のヤクルト戦(神宮)に5―6で敗れ、野村監督時代の2001年以来となる17年ぶりの最下位が確定した。金本知憲監督(50)の続投は既定路線で、就任4年目となる来季に捲土重来を期す。しかし、これまでV争いに絡めていないことから周囲の目はシビアになっており、“監督特権”も大幅に縮小される見通しだ。

 今季のスローガンである「執念」を見せるのが遅すぎた。先発・才木が2回6失点でKOされたが、打線は1―6の8回に4点を奪って意地を見せた。しかし、9回は相手守護神・石山の前に3者凡退。17年ぶりの最下位が確定した。就任から4位↓2位ときて頂点を狙った3年目での屈辱。スタンドからは金本監督に対し「辞めろ!」と厳しいヤジが飛んだ。指揮官は「現実を受け止めないと…。ホントに申し訳ない気持ちというかね。ファンには…」と力なく謝罪するしかなかった。

 金本監督は昨オフ、新たに3年契約を結んだ。今年は、その1年目。谷本球団本部長は「方針に変わりはありません」と改めて金本監督の続投を明言した。ただ、球団内には「(来季の金本監督は)『育成』や『育てながら勝つ』などという言葉を使うことはできない」との声もあり、すべて“そのまま”というわけにもいかない。

 チーム関係者が「今まで(チームの編成)は監督の意向が色濃く反映されてきたが、今後は、そうはいかない。これまでとは違い、球団がイニシアチブを取って動いている」と話すように“監督特権”は大幅に縮小される見通しだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年10月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら