【セCS】継投裏目の由伸監督「あそこまで引っ張ったのは僕ですから」

【セCS】継投裏目の由伸監督「あそこまで引っ張ったのは僕ですから」
敗戦の責任を背負った由伸監督

 巨人が土俵際に追い込まれた。18日のセ・リーグCSファイナルステージ第2戦(マツダスタジアム)は1—4で広島に逆転負けを喫し、連敗でもう後がなくなった。

 思い切った継投が結果的に裏目に出た。ベンチは6回まで67球で1安打無失点と快投の田口をスパッと降ろし、7回から畠にスイッチした。暗転したのは、その右腕の2イニング目。8回二死から代打・松山に四球を与えると、新井の適時二塁打で同点とされ、なおも二死一、二塁と危機を広げたところで菊池に痛恨の勝ち越し3ランを浴びてしまった。

 田口交代の判断を問われた村田ヘッド兼バッテリーコーチは、指揮官をかばってか「それは、いちいち言う必要ないんちゃうの?」。ただ、由伸監督は潔く敗戦の責任を背負った。快投の田口については「今シーズン一番」とたたえながら「勝っている展開の後ろは2人(畠、山口俊)に託すと僕自身が決めていた」。畠に関しても「1イニング目はいい投球をしてくれた。あそこまで引っ張ったのは僕ですから」と責めなかった。

 前を向いて「まだ終わったわけじゃない。また明日、勝つだけ」とファイティングポーズを取った由伸監督。背水の陣から意地を見せられるか。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年10月18日の野球記事
「【セCS】継投裏目の由伸監督「あそこまで引っ張ったのは僕ですから」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    辞任を表明してから、吹っ切れた感があるな。

    1
  • 匿名さん 通報

    こうやって経験積んで良い監督になるんだろう。また巨人の監督として戻ってきてほしいね。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。