【ドラディション】藤波 エル・カネックと約30年ぶり対戦「付き合ってもらって感謝」

【ドラディション】藤波 エル・カネックと約30年ぶり対戦「付き合ってもらって感謝」
エル・カネックを投げる藤波

 ドラディション19日の東京・後楽園ホール大会で藤波辰爾(64)と“仮面の魔豹”エル・カネックの約30年ぶりの対戦が実現した。

 カネックは1978年3月の両国大会で藤波の保持していたWWFジュニアヘビー級王座挑戦を控えながら直前でキャンセルする「敵前逃亡事件」が有名。約7年ぶりの来日を果たしたこの日の大会では、藤波が越中詩郎、丸藤正道と、カネックが藤原喜明、KAZMA SAKAMOTOとそれぞれ組み6人タッグマッチで激突した。

 ともに先鋒を買って出た両雄はいきなり対峙。藤波がカネックをコブラツイストに捕らえて会場を沸かせた。一方のカネックも丸藤を変幻自在のジャベで翻弄し、健在ぶりを見せつける。

 10分過ぎ、KAZMAを捕らえたドラゴンスリーパーをカネックにカットされ、劣勢に陥った藤波だが、ここからが冷静だった。KAZMAをいなして、巧みな逆さ押さえ込みで3カウントを奪ってみせた。

 かつてのライバルとの再会に藤波は「本当に僕の思い出の選手。付き合ってもらって感謝ですよ。世界にはいろいろなレジェンドがいるので、日本に紹介していきたい」と、今後もゆかりのある選手の招聘に意欲。カネックも「藤波と再会できてうれしい。今日のデキは50~60%。大阪(21日)でもう1試合あるので、もっと激しくやりたい。レスラー、ルチャドールにとって最も重要なのは経験だ。この2人は生ける伝説なのだ」と満足げだった。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年10月19日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら