【ボクシング】王座陥落の村田諒太 完敗認める「右を完全に読まれていた」

【ボクシング】王座陥落の村田諒太 完敗認める「右を完全に読まれていた」
ブラント(右)の強烈なパンチを浴びた村田(AP)

【ネバダ州ラスベガス20日(日本時間21日)発】当地のパークシアターで行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチで、王者・村田諒太(32=帝拳)は挑戦者の同級3位ロブ・ブラント(28=米国)に判定0―3で敗れ、王座から陥落。試合後の村田は完敗を認めた。

「倒せるチャンスで倒せなかった。完敗ですね」。採点では110―118、109―119、109―119とジャッジ3人とも大差をつけたが「点数、何点だろうが、負けは負け。(大差を)つけられてもおかしくない。ブラントは速かった。インテリジェンスで上だった。打ち終わりを研究していた。自分のボクシングの幅の狭さ。ベストは尽くした。(採点を聞いて)負けたと思ってたので、負けたなと」と潔く話した。

 自身のコンディションについては「良かった」とし「一発のダメージはないけど、蓄積されていたので、11ラウンドはふらついていたし。右を完全に読まれていた。(ブラントは)もうちょっと遅くてスタミナ切れするかと思っていた」と相手の研究が上回っていたという。

 今後に関しては「再戦を要求するような内容じゃないので、僕が言うことじゃない。今後は考えられない。今すぐどうというものではない」と語るにとどめた。

 一方、村田をプロモートする米トップランク社のボブ・アラムCEO(86)は「ダイレクトリマッチの可能性はもちろんある。3~4月に日本で。(帝拳ジムの)本田(明彦)会長と話し合う」と早くも再戦の可能性について言及し「リマッチの結果は違うものになる可能性はある。違う作戦を立てるだろうから」と述べた。

あわせて読みたい

記事提供社から

「【ボクシング】王座陥落の村田諒太 完敗認める「右を完全に読まれていた」」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    山根の呪縛は恐ろしい。

    1
  • 匿名さん 通報

    型を決めて戦うんじゃなく臨機応変のボクシングしないと。ステップで動き回ってポイントを稼ぐことをしてでも勝つ方が大事。

    1
  • 匿名さん 通報

    ボブ・アラムもそこまでしてアジア圏に進出しようとしなくてもいいのに

    0
  • 匿名さん 通報

    村田選手に何を期待していたか、村田選手がどういうボクシングでそれに応えようとしていたかが問題。強打の後の防御や畳み掛けがなければ当然そこで打ち返される。

    0
  • 匿名さん 通報

    あの時、さんざん山根明のことボロクソに叩いといて、自身の試合は弱いんじゃ話にならん。さすがアマチュアボクサー、やること違います。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。