【レスリング】世界選手権フリースタイル65キロ級で初出場の19歳乙黒拓斗が決勝進出

【ハンガリー・ブダペスト21日(日本時間22日)発】レスリングの世界選手権第2日、男子フリースタイルの4階級が行われ、65キロ級で初出場の乙黒拓斗(19=山梨学院大)が準決勝でロシア選手を15―10で下し、22日の決勝に進出した。

 高速タックルで次々とポイントを重ね、ルーマニア選手との初戦からモルドバ選手との3回戦まで3戦連続のテクニカルフォール勝ち。日本男子の最年少優勝は、在学する山梨学院大の高田裕司監督(64)が1974年大会で樹立した20歳6か月。快挙達成まであと1勝だが「今日勝ち抜けたのは良かったが、明日決勝があるので、そこに集中したい。勝因は自分から攻めにいけたこと」と冷静に語った。

 57キロ級の高橋侑希(24=ALSOK)は準決勝でロシア選手に2―7で敗れて2連覇を逃し、92キロ級の準決勝でベラルーシ選手にテクニカルフォール負けを喫した松本篤史(30=警視庁)とともに22日(同23日)の3位決定戦に回る。高橋は「久々に完敗だった。これが五輪予選でなくてよかった。完敗を糧に練習に励みたい」。松本も「準決勝では自分のいいところを出す前に終わってしまった。情けない」とうなだれた。

 2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪代表で79キロ級の高谷惣亮(29=ALSOK)は2回戦でイラン選手に敗れた。「(イラン選手とは)お互いに仲が良く、何をするか分かっていたけど、自分から勝ちにいかないといけない」と消極的な試合を悔やんだ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。