市川由紀乃デビュー25周年で出会った 「阿久悠さん未発表曲」を披露

市川由紀乃デビュー25周年で出会った 「阿久悠さん未発表曲」を披露
リサイタルを行った市川由紀乃

 演歌歌手・市川由紀乃(42)が31日、東京・浅草公会堂でリサイタルを行った。

 デビューから25年を迎えた市川は「25年の歌手人生を振り返りつつ、新たなスタートラインにもしたい」と語った。

 ステージでは1月に発売し10万枚を突破するヒット曲となったシングル「うたかたの女」や、この日発売されたアルバム「唄女ⅠⅠⅠ~昭和歌謡コレクション&阿久悠作品集」に収録されているピンク・レディーの「ペッパー警部」など20曲を熱唱した。

 このアルバムは、島倉千代子さんの「人生いろいろ」や昨年のNHK紅白歌合戦でも歌った美空ひばりさんの「人生一路」といった昭和の名曲に加え、阿久さんが作詞した八代亜紀の「舟唄」のカバーなどで構成されている。さらに阿久さんの未発表作品である新曲2曲を収録している。

 その2曲のうち、市川がステージでも歌ったのが「年の瀬あじさい心中」という楽曲だ。レコード会社関係者は「阿久先生の作品を管理する会社から、この曲は市川さんに歌ってもらいたいと見込まれた作品」と明かす。

 ただ、この曲は「希望がないのなら 私が一緒に死んであげてもいい」で始まる「非常に重い世界観の歌」(同)。そんな楽曲を市川は見事なまでに歌いこなしている。

 音楽関係者は「ひと口に25年といっても、いろいろなことがあった。休業した時期もある。そんなつらい思いを乗り越えた市川だからこそ歌える曲だし、歌ってもらいたい曲と託されたのかもしれません」と指摘した。

 市川は「25周年に歌手としてやっていけているのが奇跡に近くて、夢のよう」としみじみ語ったが、そのメモリアルイヤーに出合った「年の瀬あじさい心中」にも注目が集まりそうだ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。