錦織圭 2年ぶり4度目のツアー・ファイナル出場が確定「アグレッシブにプレーできた」

錦織圭 2年ぶり4度目のツアー・ファイナル出場が確定「アグレッシブにプレーできた」
拡大する(全1枚)
錦織(ロイター)

【フランス・パリ1日(日本時間2日)発】テニスのマスターズ・パリ大会シングルス3回戦で世界ランキング11位の錦織圭(28=日清食品)が同6位ケビン・アンダーソン(32=南アフリカ)を6―4、6―4のストレートで下し、準々決勝に進出した。

 年間成績上位8人によって争われるATPツアー・ファイナル(11日開幕、ロンドン)に向け、残りの出場枠を錦織と争っていた同9位ジョン・イスナー(33=米国)は敗退。ポイント差で錦織がイスナーを上回ることが決まり、錦織の2年ぶり4度目出場が確定した。

「1ゲーム目がすべてでしたね。1ゲーム目でリスクを負ってアグレッシブにプレーできたので、それをブレークしてから自分のサービスゲームもかなり楽になったし、余裕を持ってプレーできた。セカンドセットも少ないチャンスをしっかりものにできた」と胸を張った錦織は4強進出をかけ、同3位のロジャー・フェデラー(37=スイス)と対戦する。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月2日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。