元オリックス、横浜、ソフトバンクの松坂世代・大西宏明氏「代打、俺!をやるために体を絞ってます」

元オリックス、横浜、ソフトバンクの松坂世代・大西宏明氏「代打、俺!をやるために体を絞ってます」
肉をかつぐ大西監督

【クローズ アップ野球人間】来春から関西の独立リーグ・BFLに参加が決まった“第4の球団”大阪「堺シュライクス」で指揮を執るのが、近鉄、オリックス、横浜などでプレーした大西宏明監督(38)だ。1998年夏の甲子園で松坂大輔(現中日)擁する横浜と延長17回の伝説の死闘を演じたPL戦士。プロ引退後は大阪・ミナミで焼き肉店のオーナーとして奮闘し、8年ぶりにユニホームを着る。終わらない“松坂世代”の挑戦…。大西監督が熱い思いを語った。

 ――焼き肉店を経営して7年目。監督を引き受けた経緯は

 大西:アマチュアとか独立リーグの指導者の話は何度もあったんですけど、今の自分の生活が合っていたし、ずっと断っていたんです。家族の時間を大切にできるし、好きなゴルフもやって、夜は店に出て…。お店に集中した6年間でしたからね。でも今回の話は巡り合わせで僕にすごくマッチした。中学時代のボーイズリーグのチームメートが球団代表になり、僕の育った堺市にチームを作る。最初は相談だけだったのが、監督をオファーされて…。選手の人生もかかっているわけだし、店の負担とかも考えて悩みました。でも悩むということは、自分はやりたいんやな、って。堺市というのが決め手になりました。

 ――どんなチームをイメージしている

 大西:チーム名は公募で「堺シュライクス」。堺市が鳥のもず(市鳥)推しなんで、もずのデザインも公募しています。堺市民で作ろうという球団なんで、チームも選手と一緒に作っていきたい。監督はアドバイスする立場でやるのは選手。試合に出たい、投げたい選手がいるなら手を挙げてもらいたい。豪快に打って豪快に投げて、くらいのイメージですかね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年11月10日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。