新人王・大谷 二刀流評価され断トツ得票

新人王・大谷 二刀流評価され断トツ得票
日本人4人目の新人王を受賞した大谷(ロイター=USA TODAY Sports)

 メジャーの今季の新人王が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルス大谷翔平投手(24)、ナ・リーグはブレーブスのロナルド・アクーニャ外野手(20)が受賞した。全米野球記者協会(BBWAA)会員による投票の結果、大谷は1位票を25票獲得し、48点差でヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手(23)を制した。打撃は3部門とも下回ったが、二刀流のインパクトが上回った。日本人選手では1995年の野茂英雄ドジャース)、2000年の佐々木主浩マリナーズ)、01年のイチローマリナーズ)に次いで4人目の快挙だ。

 ア・リーグ新人王の最終候補は大谷、アンドゥハーとヤンキースのグレイバー・トーレス内野手(21)の3人。10月以降、複数のメディアが発表した新人王では大谷が優勢だった中、BBWAA会員の評価が注目されていた。その結果、大谷は1位票25票、2位票4票で計137点。アンドゥハーは1位票5票、2位票20票、3位票4票の計89点で、48点差で大谷に軍配が上がった。トーレスは25点だった。

 ベーブ・ルース以来の本格的な投打の二刀流として期待された大谷。オープン戦では防御率27・00、打率1割2分5厘と大苦戦し、米メディアでは「3Aで開幕すべき」との論調が目立った。しかし、敵地で迎えた3月29日のアスレチックスとの開幕戦では初打席で初安打を放ち、4月3日からは3試合連続本塁打。初登板した4月1日のアスレチックス戦は6回を3失点に抑え、初勝利をマーク。8日のアスレチックス戦で7回一死まで走者を許さない快投を演じ、メディアを黙らせるとともに全米のファンを熱狂させた。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大谷翔平 手術
  2. 大谷翔平 現地メディア
東スポWebの記事をもっと見る 2018年11月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事をもっと見る

「大谷翔平 + 現地メディア」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 現地メディア」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。