【森保ジャパン】前園真聖氏が指摘 南野、中島、堂安の“半端ない”問題とは

【森保ジャパン】前園真聖氏が指摘 南野、中島、堂安の“半端ない”問題とは
最終調整する大迫(中央)らイレブン
       

 森保ジャパンに“半端ない”問題が浮上した。国際親善試合キルギス戦(20日、豊田)に臨む日本代表は来年1月のアジアカップ(UAE)を見据える。元日本代表MF前園真聖氏(45=本紙評論家)は、MF南野拓実(23=ザルツブルク)ら“三羽ガラス”のさらなる躍進について、1トップを務めるFW大迫勇也(28=ブレーメン)がポイントになると指摘。しかも代役がいない存在としてアジア王座奪還に向けて懸念を示した。

 9月に発足した森保ジャパンでは、10番を背負うMF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)、4試合4得点のMF南野、2020年東京五輪エース候補のMF堂安律(20=フローニンゲン)が台頭し、若手の“三羽ガラス”として注目される。

 前園氏は「3人は特にゴールに向かう姿勢が素晴らしいです。ドリブルなどで推進力があって攻撃にも迫力が出ています。チャンスメークもできるし、得点も奪える。これからが楽しみな選手たちです」と大絶賛。しかし「彼ら3人が代表で活躍できているのは、大迫の存在があってこそと言えるんじゃないでしょうか」と指摘した。

 大迫はロシアW杯1次リーグ初戦コロンビア戦で貴重な決勝弾を決め、16強入りした日本の躍進に貢献した一人。ポストプレーヤーとして攻撃の起点となり、森保ジャパンでもチームをけん引する。前園氏は「大迫が最前線で体を張って起点になり、タメをつくる。そこにサポートに入ることで3人はぞれぞれの持ち味を発揮できているんです」と説明した。


当時の記事を読む

前園真聖のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「前園真聖」に関する記事

「前園真聖」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「前園真聖」の記事

次に読みたい「前園真聖」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月20日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。