独占直撃・清宮幸太郎がプロ1年目を自己査定 来季へ向け今オフ筋力も増強中

独占直撃・清宮幸太郎がプロ1年目を自己査定 来季へ向け今オフ筋力も増強中
もうすぐプロ2年生となる清宮
       

 プロ1年目の自己査定は――。日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が22日、千葉・鎌ケ谷の二軍施設で自主トレを行った後に本紙の独占直撃に応じた。早実時代から“怪物”と騒がれ、今季は一軍で53試合に出場して打率2割ジャストながら7本塁打。描いていた理想と現実のギャップ、守備位置へのこだわり…そしてプロでは初めての後輩となる吉田輝星投手(17=金足農)への金言まで余すところなく語った。

 ――プロ1年目のシーズンを終えての率直な感想は

 清宮:プロ野球の流れとか、そういうものを理解できた1年。去年の今ごろと比べたら、少しは成長できたかなと思う。プレーでもうまくいくことといかないことがあって、その一つひとつが勉強になった。成績はいいとはまったく言えないです。周りも成長しているので、ここで立ち止まってちゃいけない。

 ――思い描いていた理想と現実のギャップは

 清宮:思っていたよりずっと細かいですよね、プロは。守備のワンプレーだったり、走塁でもコンマ何秒まで突き詰めるような感じで、すべてにおいて細かい。投手も少しだけ(ボールを)動かして打ち取ってきたり。そういうところはこの1年で学べたと思う。

 ――マスコミやファン対応で高校時代と変化は

 清宮:マスコミの方あってのプロ野球だと思っているので。高校のときより対応は増えましたけど、受け答えとかそういうところは変わらない。ファンの方も増えて、それは本当にありがたいことなので、そこは変わらずやっていきたいです。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「清宮幸太郎」に関する記事

「清宮幸太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「清宮幸太郎」の記事

次に読みたい「清宮幸太郎」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月24日の野球記事

キーワード一覧

  1. 清宮幸太郎 年俸

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。