「大谷は人種を超越」 ソフトB・柳田が見たメジャー1年目

「大谷は人種を超越」 ソフトB・柳田が見たメジャー1年目
フラッシュに包まれながら登場する大谷

 エンゼルス大谷翔平投手(24)が22日、都内で会見を行い、メジャー1年目を「いいシーズンだったと思える」と総括した。近代野球で前例のない投打の「二刀流」でア・リーグの最優秀新人(新人王)に輝いた歴史的一歩は、今後の日本人大リーガー誕生にどんな影響を与えるのか。日米野球で2発放ち、メジャーに最も近い日本人野手、ソフトバンク・柳田悠岐外野手(30)は意外な反応を示した。

 日本人のメジャー挑戦の歴史において、先達の実績が後進にも影響を与えてきた。成功例の多い投手とは対照的に野手はその傾向が顕著だ。イチロー松井秀喜らは確かな実績を積み重ね、その後の日本人野手に勇気を与えた。一方、日本で頂点を極めて海を渡りながらも、満足な結果を残せなかった者も多い。

 ある現役内野手の一人は「松井稼頭央(現西武二軍監督)さんのすごさを知っているからこそ、メジャーのレベルの高さと距離を感じた」と言う。日本でトリプルスリーを達成するなど、史上最強遊撃手とも称された松井稼は計7季で規定打席到達が2度だけ。その後のメジャー市場における日本人内野手に対する評価と日本人野手全体の米挑戦意思に影響を与えた。

 その点、投打で実力を証明し、新人王に輝いた大谷の成功は今後メジャーを志す日本人にとって明るい材料だ。今秋の日米野球では秋山翔吾(西武)、柳田悠岐(ソフトバンク)、山崎康晃(DeNA)らが高いパフォーマンスを見せ、メジャー関係者の熱視線を浴びた。なかでも侍の4番打者として第1戦でサヨナラ弾、第2戦でも豪快な一発を放った柳田の活躍は米本土でも報じられ、一気に株を上げた。それでも柳田は「メジャーでやってみたい気持ちはありますが、それはあくまで『憧れ』であって『行けるのか』というと別の話」と冷静に話す。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大谷翔平 + 結婚」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岩隈久志」のニュース

次に読みたい関連記事「岩隈久志」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月23日の野球記事

キーワード一覧

  1. 大谷翔平 年俸
  2. 大谷翔平 手術
  3. 大谷翔平 現地メディア

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。