【ジャンプ】小林陵侑がW杯初V 開幕戦に続く2大会連続表彰台

【ジャンプ】小林陵侑がW杯初V 開幕戦に続く2大会連続表彰台
W杯初優勝を果たした小林陵侑(中=ロイター)

【フィンランド・ルカ24日(日本時間25日)発】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子の個人第2戦が行われ、第1戦で3位に入った小林陵侑(22=土屋ホーム)が138・5メートルを飛び、142・0点で初優勝を果たした。

 強風で開始が遅れ、予選は中止となり、本選も1回の飛躍に変更。風の影響に苦しむ選手が多い中、小林陵は安定した飛躍で、平昌五輪ラージヒル覇者で昨季の個人総合王者カミル・ストッフ(31=ポーランド)を抑えて、日本男子では昨年11月の兄・小林潤志郎(27=雪印メグミルク)以来、2季連続となる頂点に立った。

 他の日本勢は小林潤が17位、中村直幹(22=東海大)が28位でW杯ポイントを獲得。葛西紀明(46=土屋ホーム)は38位、伊東大貴(32=雪印メグミルク)は52位、竹内択(31=北野建設)は58位だった。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。